絵が下手なイラストレーターの4コマ漫画サイト

まんが見よドットコム

イラストレーター、漫画の仕事について 日常の情報

漫画家の原稿料 出版社からの原稿料公開

更新日:

漫画家になりたい。
そんな風に思った方はいませんか?

実際に出版社からの原稿料はいくら貰えるのか?
漫画家の印税額は、いくらなのか?
漫画家になったら稼げるのか?
そもそも漫画家で暮らしていけるのか?

そんな疑問を出版社2社と関わった私が教えます。

 

出版社からの原稿料はいくら?

原稿料は出版社や漫画家さんのレベルによって違います。
私が実際に関わった出版社は2社あるのですが

A社の原稿料は、1ページ(原稿1枚)5000円。

出版社名を具体的に公開することはできませんが、男性と女性半々の読者層を持つ出版社です。
ここの出版社の原稿料はスライド式で、人気が出れば(本が売れれば)1枚の原稿料が、どんどん上がっていくシステムでした。
きちんとした会社だったので契約書などもしっかりしていました。

もう1社のB社の方は男性読者層が多い出版社です。
B社の原稿料は、1ページ(原稿1枚) 7000円でした。

原稿料は、出版社によってだいぶ異なります。もっと安いとこもあれば、もっと高いところもあります。
また本が出版、電子書籍化されれば 更に原稿料とは別に印税が入って来ます。

※出版社名を詳しく公開できないのでA社、B社と書きましたが実際の出版社名とアルファベットは異なります。

 

漫画の印税額

そもそも、印税とは漫画やコミックが出版された時に発生して得られる お金のことです。

漫画やコミックの印税は発行された部数分、印税がもらえます。
売れた数ではなく、発行された漫画本の数の分 印税が貰えるのです
発行されたけど、まったく漫画が売れなかった場合でも印税はもらえます。

じゃ、売れなくても沢山漫画コミック発行してもらえればいいじゃん!と思いますが。
発行部数は漫画家さんの人気や出版社によって異なります。

先ほど書いた、原稿料5000円のA社の場合。
最初の発行部数は7000部からで8パーセント~10パーセントの印税。

原稿料7000円のB社の場合。
最初の発行部数は1万部からで10パーセントの印税。

このパーセントは定価の金額から算出します。

つまり定価1000円だとすると
定価1000円の○パーセント×発行部数=印税額 となります。

B社の印税額で計算すると
1万部発行されて、印税額が10パーセントなので漫画が1冊出版されると100万円となります。
原稿料とは別に100万円が印税と入ってきます。
印税は発行される分だけ貰えるので重版(漫画が売れて増刷されること)になれば、さらに印税を貰うことができます。

電子書籍の印税額

印税は電子書籍でも貰えます
ただし電子書籍の場合は発行部数ではなく 実際に購入された分だけもらえます。
なので電子書籍が1冊しか売れなかった場合、1冊分の印税しかもらえません。

電子書籍の印税額は販売金額の10パーセントから15パーセントでした。
※この電子書籍の印税額も出版社と漫画家さんのレベルによって異なります。

漫画家になったら稼げるのか?

稼げるかどうかは漫画家によります。
有名な方ですとドラゴンボールやワンピースの作者さまですが、莫大な金額を漫画で稼いでいます。
ワンピースを描いてる漫画家さんは 発行部数 約3億越えという驚異的な数字が出ています。
印税だけでも、かなりの額を稼いでいます。
そんな超勝ち組の漫画家さんもいれば、もちろん全く売れない漫画家さんも沢山います。

単行本(漫画)が一冊でも出れば60万~100万円ぐらいの印税が入りますが、漫画が全く売れなければ重版もされずに、最悪 続巻も出せずにそのまま打ち切り(連載終了)というパターンもあります。
中には連載はしていても、コミック化されないことも多々あります。
その際、漫画の収入として得られるのは原稿料のみです。

 

そもそも漫画家で暮らしていけるのか?

どんどんアイデアが沸いて絵も上手い、尚且つ読者の心を掴める人なら漫画家で成功して生活していくことは可能です。
漫画家でヒット作品を出せば かなりの金額の印税が手に入ります。
現在の漫画業界では10万部以上発行されたらヒット作品と言われます。
1000円の定価のコミックであれば1000万の印税が入って来ます。
100万部の大ヒットなら1億円です。

凄いですよね。
私には、そんな大ヒット漫画描けないですが実際 私を担当してくれた担当さんの受け持っていた漫画家さんの中には そんな大ヒット作品を生み出している方がいました。
いいなぁ。

漫画家の収入まとめ

○ 漫画家の収入源には大まかに原稿料、印税の2つがある。
○ 出版社と漫画さんのレベル(人気度)によって原稿料が違う。
○ 印税は漫画、コミックの場合は発行部数で決まる。電子書籍の場合は発売された数(実際に購入された数)で決まる。
○ 漫画家は物凄く稼げる人も居れば、全然稼げない人も居る。
○ 漫画家で稼ぐのは簡単なことではないが全く無理ではない。本人の努力と流れ次第。

長くなりましたが、読んでいただきありがとうございました。


 

-イラストレーター、漫画の仕事について, 日常の情報

Copyright© まんが見よドットコム , 2018 All Rights Reserved.