発達障害漫画

2歳子供、こだわりによる物凄い偏食。

投稿日:

うちの子が自閉症(自閉症スぺクトラム障害、高機能自閉症)と分かり、自閉症育児の日常を漫画にしてみました。
自閉症漫画39、2才食べられるものポテト超偏食で、離乳食が進まなかったリクは2才になり、少しずつ、本当少しずつだけど食べれるものが増えていきました。
その中でもリクが気に入っていて食べていた物がフライドポテト。
マックとロッテリアのポテトです。
始めてリクがポテトを食べたのはロッテリアだったのですが、これも食べないだろうなぁって思ったのですがリクは何故か興味を持ってポテトを口に入れました。この時、私はめちゃくちゃ驚きました。そして、それがとてもおいしかったのか。
リクは嬉しそうにパクパク食べていました。
それ以降、リクはポテトの写真や、マックやロッテリアのお店を見つけると指をさして行きたい、食べたいと教えてくれるようになりました。

そして、それからある日、ポテトを食べられるようになったリクと お出かけしているとモスバーガーがありました。
モスバーガーにもポテトがあるので、リクと一緒に食べようと注文したところ。

全然、食べない。

どんなに、これポテトだよ。と言っても一向にポテトに触ろうとすらしないリク。

マックやロッテリアのポテトは細いんですよね。
モスバーガーさんのポテトは太いんです。

リクは見た目の太さ、形の違いからポテトとは一切認識できず、食べられなかったのです。
ちなみに海苔や味がついてるポテトやデザイン性のある可愛いポテトも全く食べられません。
(現在、小学生ですが未だに食べられません。)
別に無理して食べる物でもないのでいいのですが(;^ω^)
この時から、いつもと違う形や色の違いがあると受け付けられないなどの自閉症の特徴の強いこだわりが やっぱりよく出ていたんだなーって思います。

ちなみに2才の時の自閉症のリクが食べられたものは、まぐろのたたきごはん(なぜかしょっちゅう食べていた。)、たらこスパゲティ、マックとロッテリアのポテト、アンパンマンパン、蒸しパン、鮭、ごはん、麦茶ぐらいです。
ただ、1年後ぐらいには、まぐろのたたきごはんとタラコスパゲティ、蒸しパンなど一切食べなくなりました。
理由は分かりませんが。
今も極度の偏食に悩まされています。
もっといろいろ食べれるようになったら外食も沢山できるのに。
リクとファミリーレストランに行くのが私の夢です( ;∀;)すっごい普通のことが私にとっては夢です。
野菜沢山食べろとは言わない、ケーキ一緒に食べたいです。

人気記事

番外編サイレントベビー編 1

今日は、知り合いの話。 私の知り合いは、偏った子育て本を参考に子育てをしました。 普通に考えれば、それはちょっと・・・って思うものだけれど。 知り合いは、その育児本を信じて、その通りに育ててしまった。 ...

番外編サイレントベビー抱っこしない 2

前回、描いた『育児本通りに育てたら子供が夜泣きしない、ワガママ言わないサイレントベビーになった話①。番外編~困っている子供達~』 の続きです。 詳しくは、前回の漫画を読んでもらえると助かります。 ht ...

子供をひとりで遊ばせる親 3

前回と前々回に描いた友人の子供が間違った育児本でサイレントベビーになってしまった話の続きです。 第①話『育児本通りに育てたら子供が夜泣きしない、ワガママ言わないサイレントベビーになった話①。番外編~困 ...

赤ちゃんと遊ばないとこうなる 4

友人は、『子ども(赤ちゃん)とは遊ばない』という育児をしていました。 それも『子ども(赤ちゃん)とは絶対、遊ばない』というもの。 その理由は、【自分で遊ぶ方法を考える力を付けさせる為】というものでした ...

ネントレでサイレントベビー 5

友人の子供がサイレントベビーになってしまった話の続き⑥です。 前回の話は、こちらで読めます。番外編~困っている子供たち~ 『偏った育児本通り育児をしたら赤ちゃんがサイレントベビーになってしまった話シリ ...

-発達障害漫画

Copyright© 発達障害リクのブログ , 2021 All Rights Reserved.