絵が下手なイラストレーターの4コマ漫画サイト

まんが見よドットコム

イラストレーター、漫画の仕事について

イラストレーターの仕事内容(詳しく紹介)

更新日:

イラストレーターの仕事内容はイラストを描く事ですが、その仕事内容は多種多様となっています。
一般的なイメージですとライトノベルや小説などの表紙が浮かぶと思いますが他にも沢山あります。

・雑誌などのイラストの仕事
個性があるエッセイ風のイラストが好まれます。
画力としては、そこまで求められていません。気にいられると継続で仕事の依頼が来たりします。

・企業などのイラストの仕事
企業がHPやバナー画像を作る時に使うイラストの制作、作成。
企業に依頼されて、企業のイメージに合うキャラクターを考えて描いたり、その作った企業イメージキャラクターでバナー画像やタイトル画像に使えるイラストを描いたりします。
フリー素材を使用している企業も多いですが、他の企業とは違うオリジナルマスコットキャラクターやイラストを求める企業も多い為、私みたいな絵が下手なイラストレーターにも この仕事は来ます。

・企業のイメージ漫画、宣伝アピール漫画を描く
中には企業のイメージが分かりやすいように漫画で宣伝アピールする企業もあります。
そんな企業漫画やイラスト漫画を描く依頼も来ます。
その企業の宣伝漫画は広告、パンフレット、HPなどに使われます。

・地域のイメージキャラクターのイラスト作成、制作
基本、地域のイメージキャラクター制作のイラストの仕事はコンテストのところが多く、そのコンテストに応募した中から優勝したイラストなどが選ばれますが中には直接イラストレーターへの仕事が来たりします。
自分の描いた絵がイメージキャラクターに採用されたら、その都度 そのキャラクターのイラストを描く仕事が来るようになります。
地域のイメージキャラクターに選ばれるイラストには、どの年齢層にも万人受けするような ゆるいイラストもしくは萌え系の可愛いイラストが起用されやすいです。

・同人誌の小説の表紙の仕事
同人誌で漫画ではなく、小説を書いてる人で小説は描けるけど絵は描けないという方に依頼されます。
たいていは友人、知人を通して依頼されますが絵を描ける人が友人、知人にいない、自分好みの絵を描いてる人が周りにいない場合にイラストレーターに依頼が来ます。

・個人のアイコン画像やタイトル画像のイラスト
企業だけではなく、最近は個人でもサイトやブログなどを運営している方が居ます。
そのアイコン画像やタイトル画像のイラストを自分で描けない人が依頼してきます。
企業ではなく個人の依頼なので報酬は低めですが、気にいられると再び依頼してくれたりします。

・SNSなどのアイコン画像のイラスト
SNSのアイコン画像では自分で絵を描く人は自分の描いたイラストを使用したりしますが自分でイラストを描けない人はイラストレーターに頼んだりします。
よく他人の漫画やアニメの画像を勝手に使用している人もいますが、イラストレーターに依頼してれば著作権などの心配はなく、また他人と被らない為 最近は、この仕事も多くなっています。
個人からの仕事依頼なので収入(ギャラ)は少ないですが描くイラストも小さい為、非常に楽な仕事です。

まとめ

・ライトノベルや小説などのの表紙のイラストの仕事などは画力が高く、クオリティーが高くないと出来ません。
私のように画力やレベルの低いイラストレーターには無縁な仕事ですが そんな私のように絵が下手なイラストレーターでも出来る仕事は沢山あります。
・イラストレーターの仕事は多種多様化している。
・イラストレーターの仕事は企業だけではなく、個人や地域からもある。
・イラストレーターの仕事内容は、この他にも沢山あります。イラストレーターの仕事は本当に様々で奥が深いです。
・イラストが気にいられると企業、個人が定期的にイラストレーターの仕事を依頼してくれたりします。中には気にいられると仕事を紹介してくれる人もいます。

-イラストレーター、漫画の仕事について

Copyright© まんが見よドットコム , 2018 All Rights Reserved.