絵が下手なイラストレーターの4コマ漫画サイト

まんが見よドットコム

イラストレーター、漫画の仕事について

イラストレーターの仕事について

投稿日:

絵が下手だけどイラストレーターをして月2~7万を稼いでる冬月椿です。
(※実際は本名で活動してます。)
そんな私がイラストレーターの仕事について、ご紹介します。

そもそもイラストレーターの仕事とは何か。

イラストレーターの仕事とは自分で描いた絵(イラスト)を売ることです。
依頼先から依頼されたイラストを描いて納品するパターンが基本です。

イラストレーターの仕事の流れは、こんな感じです。

仕事例
イラストの依頼を頼まれる。

仕事の打ち合わせ。
描いてほしい詳しいイラストの内容やイラストのデータ形式などについて決めます。実力がないイラストレーターの場合は依頼先の成すがままです。
打ち合わせではイラスト内容だけではなく ギャラなどの報酬額や支払われる日、支払い方法について契約書を交わしたりします。
依頼先によっては契約書がなく、口頭やメールの場合がありますが出来る限り契約書があった方が良いです。

イラストの制作。
納品期限までに完成させます。
完成するまでに、何度か依頼先に制作過程のイラストを見てもらい チェックしてもらったりもします。
修正箇所があれば、ここで修正をします

完成したイラストを依頼先に納品します。

指定された支払日に報酬を受け取る。

ざっと書きましたが だいたい、こんな感じがイラストレーターの仕事です。
イラストレーターによっては絵を描いて、その描いた絵を販売し 購入相手を探す方法をしている方もいます。

まとめ

・イラストレーターの仕事は、イラストを描く事。
・イラストレーターは依頼先、依頼主に依頼されたイラストを制作して納品し 収入を得る。
・イラストレーターの報酬はイラストを制作し、納品した後に支払われるのが一般的。
・イラストレーターによっては、制作したイラストを販売し 収入を得ている人もいる。

 

-イラストレーター、漫画の仕事について

Copyright© まんが見よドットコム , 2018 All Rights Reserved.