自閉症漫画

発達障害と運動会の練習。理解ができないせいで全てのクラスの競技に参加してしまうリク。

投稿日:

うちの子が発達障害(自閉症スペクトラム障害、高機能自閉症)とわかり、発達障害の育児の日常を漫画にしてみました。
運動会の練習発達障害漫画保育園は幼稚園と違ってイベントが少ないのですが、リクが通う保育園では保護者も参加する大きなイベントが2つありました。その1つが運動会でした。
運動会では各クラスの競技科目があるほかに各クラス、園庭を2週走ることになってるのですが、リクは園庭を走る競技で全てのクラスで走っていたそうです。
当時、リクは自分のクラスだけ走ればいい、他のクラスでは走らないというのが理解できず。走るんだ!というのだけしか分からなかった為に、すべてのクラスで走っていたんだと思います。園庭自体は、そこまで広くないのですが1歳から年長さんまでなので5クラス、それを2週 そして練習なので更に2~3回走っていたそうです。つまり園庭を20周以上。リクは偏食の為、体も小さい上に運動協調性障害という身体が動かしにくい障害もあったので相当大変だったと思います。なので運動会の練習が始まった日から、保育園にお迎えに行くとリクは常にぐったり。もう動けないような状態になっていました。
頑張って走ったんだね。えらいとは思ったけど ぐったりしてるリクを見るのは、ちょっとかわいそうでした。しかも、ぐったりして体が疲れている分、機嫌も物凄く悪くなってしまうため この時は癇癪もパニックも更に悪化していました。
練習を頑張っているリクに対して申し訳ないですが この当時、早く運動会終わってくれって思っていました。帰るときの癇癪、パニック、グズりが本当に大変で・・・。
そんなこんなで運動会本番まで物凄く練習を頑張っていたリク。本来なら、子供の運動会をママは楽しみにするはずなのにプライドの高い私は正直楽しみに思うことは出来ませんでした。
その話は次で描こうと思います。運動会の話は、あと2つほど続く予定です。

更新が不定期なので更新通知のお知らせと宣伝も兼ねてツイッターかインスタを始めたいと思っているのですが、なかなかそこまで気力と体力が行かず・・・結局 始めたYouTube配信も止まっています。やはり発達障害の子供のサポートは大変ですね。毎日、サポートで右往左往しています。忘れ物は毎日。当日朝になって必要な物を言い出したり、友達とのあやふやな約束をしてきたり、宿題も見ていないと出来ません。日常の生活も毎日何度も指示をしないと出来ません。本当に疲れます。こういったときに同じ境遇のママと友達だったらなぁって思います。

スポンサーリンク




-自閉症漫画

Copyright© まんが見よドットコム , 2019 All Rights Reserved.